犬の餌メインイメージ

【犬の餌】どれがいい?
きっと見つかる!ベストな餌選び

わたしたち人間と同じように、犬も毎日食事をして、体に必要な栄養素を取り入れますよね。

ということは、人間が偏食によって体調を崩してしまうように、犬も毎日の餌によって健康が左右されるわけです。

犬は飼い主と深い絆で結ばれた家族のような存在。たかがペットではありません。

愛犬が元気で健康になるか、体調が悪くなるかはすべて飼い主の責任なのですね。

でも、しっかり餌(ドッグフード)を選ぼうとしても、犬の餌は安い物からとても高い物までたくさんの種類があり、つかわれている材料も多種多様ですので、どれが一番良いのか迷ってしまいますよね。

このサイトでは、餌選びのポイントを解説し、オススメのドッグフードをご紹介します。

愛犬の餌選びの参考になりますと幸いです。

犬の餌にはどんな種類がある?

犬の餌には、カリカリとした食感のドライタイプや、柔らかい食感のウェットタイプなどがあり、餌選びで迷ってしまうこともありますよね。

それぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

ドライフード

ドライフード

水分量が10%の固い餌です。

シェア80%以上を占めるドッグフードの定番です。

メリット

  • 保存期間が長い
  • 価格が安い
  • 多種多様な商品
  • あごが強くなる
  • 歯石になりにくい

デメリット

  • 水分を与えなければいけない
  • あごが弱いと食べるのに苦労する
  • 他のフードより嗜好性が低い

ソフトドライ(セミモイスト)フード

セミモイストフード

水分量が25~35%の風味豊かな餌です。

ドライフードよりも柔らかくて食べやすいです。

メリット

  • 噛む力が弱い犬でも食べられる
  • 風味が豊かで食いつきがいい
  • 食欲不振でも食べてくれる

デメリット

  • 開封すると保存期間が短い
  • 歯につきやすく歯石ができやすい
  • 添加物が入っている餌が多い

ウェットフード(缶詰・パウチ)

ウェットフード

水分量が70~75%の柔らかい餌です。

缶詰やパウチに入れて販売されています。

メリット

  • 食いつきがとても良い
  • カロリーが高い
  • 水分補給もできる

デメリット

  • 開封すると日持ちしない
  • 歯石が貯まりやすい
  • 費用が掛かる
  • 他の餌を食べなくなる
  • 重量あたりの栄養が低い

犬の餌の種類については、以下の詳細ページでさらに詳しく解説しています。

犬の餌選びで大事なポイント

【ポイント1】
材料の種類にこだわるべし!

昔は人間のご飯を与えていたようですが、人間の食事は犬の餌には適していません。

というのも、人間が食べる食事は味が濃く、塩分が多いです。他にも消化・吸収しにくい物質など、犬にとっては「危険な物」がたくさん含まれているのです。

ネギやニラ、チョコレート、ブドウなど、犬が食べると中毒症状を引き起こす食材まであるのです。(※詳しくは、犬に与えると危険な食べ物で解説)

そもそも犬は人よりも味覚が鈍いため、おいしい!と感じることは少ないのですね。

犬は嗅覚に優れているため、においで食べるか食べないかを判断して、食べられると思ったときはほとんど噛まずに食べてしまうのです。

味よりも、犬の健康を重視した材料をつかっている餌を与えることが大切なのですね。

犬の主食は肉

私たちが毎日お米を食べるように、犬は毎日肉を食べながら進化してきた動物です。

そもそも体のつくりが全く違うため、穀物や炭水化物ではなく肉をはじめとした「動物性タンパク質」を多く与えたほうが健康に育ちます。

ドッグフードの中には、穀物や野菜が多いものもありますが、すくなくとも肉類が50%以上の餌を与えるようにしましょう。

ドッグフードには必ず材料が記載されていますので、餌を選ぶときには鳥、牛、豚肉の比率をしっかり確認する習慣をつけましょう。

参考までに、パッケージに記載されている材料は上から多い順と決まっています。穀物が肉よりも上に記載されているドッグフードは肉の配合量が少ないものが多いです。

【ポイント2】
質にもこだわるべし!

たとえ肉類が多いドッグフードを見つけてもそれがベストではありません。

問題は肉の質です。

ドッグフードでは4Dという言葉がかなり有名で、

  • Dead=死んでいる動物
  • Dying=死にかけていた動物
  • Disabled=障害があった動物
  • Diseased=病気だった動物

のことを指します。4Dミートとも呼ばれる市場には絶対に出回ることのない危険な肉がドッグフードに再利用されているのが現状です。

人間が食べない肉を、犬だからという理由で与えるのはとても悲しいことですよね。

今売られているドッグフードにも含まれていることが多いので、餌選びの際には注意してくださいね。

ちなみに、さすがにドッグフードには「死にかけの豚肉」などの表記はされておらず、「××肉副産物」「××ミート」「××粉」のように記載されることが多いです。

【ポイント3】
添加物を使っていない餌を選ぶべし!

添加物は犬にとって必要のないものです。

そればかりか、中には絶対に与えてはいけない添加物もあります。

代表的な添加物は、酸化防止剤、着色料、甘味料等です。

酸化防止剤

まず注意すべきは、

  • BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
  • BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

という酸化防止剤。

これらはもともと医薬品の添加剤として使われていた物で、発がん性があると言われています。

そんなものが何故ドッグフードに?と疑問に思いますが、実は1950年代に食品添加物としての使用が認められており、実際に冷凍食品やバター、魚介類などの酸化防止として一部食品に使われています。

できるだけ添加量を減らせばオッケーらしいのですが、いくら酸化を防ぐ目的とは言えども、さすがに発がん性がある物質は使わないで貰いたいものですね。

大切なワンちゃんのためにも、これらが含まれているドッグフードは選ばないようにしましょう。

さらに!この「BHT」「BHA」よりもさらに悪影響な添加物があるのです。

それは、

  • エトキシキン

と呼ばれる酸化防止剤は、非常に強い抗酸化作用があるのですが、皮膚の疾患や、発がん性が問題視されています。

日本では使用が認められていませんので、国内製造のドッグフードならまず心配はいりませんが、海外製品には今でも含まれていることがありますので、海外のドッグフードを買おうと思っている人は真っ先にエトキシキンが入っていないかの確認をお勧めします。

本当に危険な添加物ですので、絶対にワンちゃんには与えないでくださいね。

着色料

着色料は食品に色をつけるために使われる添加物です。

私たちの食卓にも着色料がつかわれている食材が並ぶことがありますよね。でも、それは商売目的で見た目を良くするためだけに使われている、いわゆる無駄な物です。

ドッグフードにも赤色×号や青色×号などといった信号機のような着色料が使われていることがあり、これらにはアレルギーや発がん性といった犬の健康を悪化させてしまうリスクがあると言われています。

ドッグフードを選ぶ基準として、見た目を重視する人もいらっしゃると思いますが、着色料が入っていない餌のなかで気に入った物を選ぶことを忘れないようにしましょう。

甘味料

人間よりも味覚が鈍いワンちゃんですが、一応味は感じています。

甘味料は、犬が餌をよく食べる「食いつき」を高めるために使われている添加物です。

これらは、ドッグフードメーカーが「うちのは食いつきが違う」と他社と差別化を図りたいために添加されているものです。

食いつきがいいと、犬が喜んでおいしく食べているようにみえますが、糖尿病の原因にもなりますのでできるだけ添加されていない餌を選びましょう。

オススメのドッグフードはどれ?

上で説明した点を踏まえると、

  • 動物性タンパク質を多く使用
  • 4Dを使っていない
  • 危険な添加物を使っていない

の条件を満たしているドッグフードが、犬にとって良い餌ということになります。

オススメできるのは、「モグワン」と「カナガン」の2つです。

モグワン(MogWan)

モグワンは、肉や魚など材料をたっぷり使用した無添加のドッグフードです。

もちろん、材料に使う肉や魚は、すべて人間が食べても全く問題がない品質。

しかも、肉には「鶏の生肉」「サーモン」をメーンに使っているため、摂取カロリーが抑えられています。

モグワンは公式サイトのみの販売となりますので、アマゾンや楽天では買うことができません。その分、公式サイトならではの毎月お届け定期コースや、まとめ買いでかなり価格が安くなります。

何回も購入する手間が省けますし、餌選びで迷っている人は、ワンちゃんのためにも餌をモグワンに変えてあげるのもいいですね。

モグワンの価格・内容量

  • 内容量:1.8kg
  • 価格:3,980円
  • 定期コース:初回50%OFF、2回目以降は3,564円
  • まとめ買い:10~20%OFF

カナガン

カナガンは、骨抜きチキン生肉と乾燥チキンをたっぷり使ったイギリス産のドッグフードです。

穀物は不使用で、無添加。

犬の餌では、すでにかなり有名な大ヒット商品。

健康管理や、毛並み改善に役立つ嬉しい成分がたくさん配合されています。

カナガンの価格・内容量

  • 内容量:2.0kg
  • 価格:3,980円
  • 定期コース:3,564円